よこで見守る子育て

二児(小3、小5)の母です。どんぐり倶楽部を指針とする子育てで、こどものペースを大切にしています。

次女ちゃん、復活

夕飯を食べる前から、長女の想像が止まらない。

ポエムをずっと考えていて、頭の中のイメージを言葉にして、楽しそうにずっと話している。

横では次女も話してる。

娘達が交代で話し、それを私が聞いている。

次女からは、担任の先生の話もでた。

先生は授業中によく話が脱線するらしく、その話が面白いらしい。怒りすぎなければ、きっと面白い先生なのだ。

月曜の夕方に、次女の様子を担任に話した。先生の業務量や忙しさを考えると、次女の気持ちをくむのは難しいかもしれないけど、怒る頻度・度合いを抑えてくれたら次女のストレスは減って、学校に行けると思いますと伝えた。

火曜日、抑えてくれたのだと思う。昨日はお腹が痛いと言って登校を渋っていた次女だけど、今日は元気よく家を出た。

以前のように機嫌よく学校に行き、帰ってくる。本人もホッとしたのか、テンション高め。

なんとなく、登校拒否にはならない気がする。

学校なんて無理に行く必要はないと、心の底から思っている。でも、友達との時間はとても大切だから、回避できて良かったです。

 

久々の登校

今日は久しぶりに次女ちゃん登校。

次女は家を出る直前にお腹が痛くなったけど、とりあえず音楽発表会の練習だけして、無理だったら早退しようと励まし、校門近くまで自転車で送った。

一日ソワソワしたけど、早退呼出しはなかった。

今日は風邪で体育休みますと書かされたけど、次女の服装がいつも通り半袖短パンだったから、今日くらいは長袖と長ズボンにしようよと諭し、着替えさせた。

帰宅後、何か嫌なことはあったか聞いたら

「あった!この長ズボン、大きすぎて下がってくる!」

「あ、それだけだったのね。良かったねー。」

なんて会話して、二人で笑った。

 

 

去年の担任の先生は、泣き虫でいさせてくれた

そうだ、次女は学校で泣き虫だったのだ。

最近、泣くとみんなが心配するからと言っていたのに、そのときは気づかなかった。

2年生まではよく泣いていて、周りの友達に慰めてもらっていたんだ。その度に、私は友達の優しさに感謝していたんだ。そしてその様子を、担任の先生もあたたかく見守ってくれた。

あー。なんで気付かなかったんだろう、情けない…

泣けないほどの緊張感の中、頑張っていたんだなー。

今日寝る前にも、学校に行きたくないと話していた次女ちゃん。

さて。どうしようか…

健全な登校拒否の準備

過去のブログが目に留まり、読んだ。

次女の周りの、優しい男子について書いてあった。

そうそう、みんな優しいんだよね。

次女の周りにはステキな友達が沢山いるのに、なんで登校拒否の心構えをしなくちゃいけないんだろう。

「先生、どうか子ども達を怒らないでください」と思うけど、その先生を信頼している保護者も沢山いるから、うちの次女のために変わってください、なんて言えない。

うちの娘達を知る会社の上司からは、2人とも感受性が高くて賢いから、学校が辛いこともあるんだろうと言われた。小学校なんて無理して行かなくて良いんだとも。

その言葉には大いに共感するのだけど、友達と過ごす時間が減ってしまうことが気がかりで。

月曜の朝一でスクールカウンセラー面談を予約したので、相談する予定。

 

登校拒否の心構え

3年生になってから欠席が増えた次女ちゃん。

原因は、担任の先生が怖いから。次女自身はめったに怒られないのだけど、周りの男子が怒られることが多くて、自分も怒られている気分になるらしい。そして気が滅入る。

三学期。まだ2ヶ月残っている。そろそろ限界になるかもしれないから、健全な登校拒否を検討しないとなー。

 

長女の日記

長女に、思ったこと・考えたことを自由に書くノートを渡している。なんでも書いていいから、絵を描くこともある。お正月のページには、従兄弟の保育園児が描いた絵もまじっている。

毎日じゃないけど、ときどき書いている。描いている。

今日は起床時間やウンチが出たとか(便秘ぎみ)、学校の時間割や給食の献立が書いてあった。そして日記も。

今日は一日雨で、帰り道も傘をさして帰った。途中、羽がピトンとしているヒヨドリ(雄)が、椿の木の中にいた。椿の花粉を食べていたから、美味しいのかしらと見ていた。雨を眺めつつ花粉を食べるヒヨドリが、とても愛おしく感じた。

そんな内容が日記に綴ってあった。

相変わらずステキな子どもだなぁと、しみじみ。

夕飯後に早口言葉で盛り上がったことも書いてあった。赤パジャマ、青パジャマ、黄パジャマ、茶パジャマを3回。東北なまりで言うと最後まで言える!と盛り上がり、ケタケタ笑いながら挑戦。楽しかったと書いてあった。私も楽しかったよ、長女ちゃん。

ごめんなさいが言えなくて。

「ごめんなさい」が言えない大人は沢山いて、ときには私もその一人で。

だから、子どもがすぐにごめんなさいを言えなくても、仕方がないのだ。

先日、夜20時半、長女から「車に自転車ぶつけて傷つけちゃったの」と告白をうけた。

うちには車がないから、よその車。遊びに行った先の、友達の家の車。

20時半…。謝罪に出向くには遅い時間。なんでもっと早く言わなかったのかと苛立ち、怒ってしまった。そしてすぐに友達宅にお詫びの電話をした。

幸い、というかなぜか、不思議なことに、翌日その友達パパと車体を確認しても大した傷はなく、気にしなくていいよってことになった。「話してくれてありがとね。また遊びにきてね。」とも言っていただいた。

夜お詫びの電話を入れた後にも、その友達ママとメールでやりとりして「ちゃんと話してくれてありがとう。正直な長女ちゃん、素敵ですね」と褒めていただいた。「また気兼ねなく遊びにきてね」とも。寝室にいる長女にそのことを伝えたら「なんて優しいんだー」と大泣きしてた。

怒りすぎてしまったなーと、数日たった今も反省してます。