よこで見守る子育て

二児(小2、小4)の母です。どんぐり倶楽部を指針とする子育てで、こどものペースを大切にしています。

次女の記録

昨日は次女のテニススクールで、飲み物はコンビニで買うことにして、友だちAちゃんと2人で行きました。

帰宅後、夕飯を食べながら、

次女「Aちゃんがほうじ茶のペットボトル開けられなくて、次女が開けてあげたんだー」

私「そうなんだー。あ、ほうじ茶はカフェインあるから、運動中は水か麦茶がいいよ。で、次女は何を買ったの?」

次女「水」

 

今朝、テニスリュックからタオルやペットボトルを出そうとしたら、オレンジーナでてきた…

また仮装大会をしたいのは、知っています

そろそろ20時半。娘たち、就寝時刻。

長女「ママ!いまね、長女はやりたいことがいっぱいあるの!」

目をキラッキラさせて言ってます。

私「じゃあ、やりたいことリストでもつくったら?長女ちゃん、いつも計画性ないからさ。」

長女「おー!それいいねー!」

うおりゃーっと、鉛筆と紙をだして書き始めようとしています。

でも、もう寝る時間。興奮しないで、心落ち着けたい時間。

私「長女ちゃん!ひとまず今日は、やりたいこたリストに  『やりたいことリストを書く 』って書いて寝よう!」

長女「おー!笑  じゃあそうするー!」

納得して寝てくれました。

明日、このリストに何が続くのかなー。

話は変わり、最近の朝。

朝だよーと声をかけて、布団がモコモコっと動くことによりドコで寝てるか分かる。

そのモコモコっとする動きが、愛おしい冬の朝です。

 

10連休の時期は、自分で決めたい

年末は新潟にスキー。

年始は帰省、鈴鹿と鳥羽に旅行。

2月は軽井沢にスキー。

お金かかるなーとクラクラしてたら、GW10連休のニュースをみる。

え⁈何それ⁈

いや。全く知らなかったわけではないけど、こんなに「長期休暇だから旅行行かねば!」なことになっているとは知らなかった。

10連休。何しろと言うんだ。

そんな連休いらないから、もっと各々好きな時期に長期休暇が取れるようにしてほしい。

そしたら旅行費用も安く済む。

してほしいと願っても叶わないから、できる働き方に自分でするしかないのか…

10連休つくった奴のバカヤロー!

とね、ちょっと叫びたい。

こんな長い休みをつくってやったぞ。それ、休むのじゃー!という感じがイヤだ。

 

年賀状も手作りです。

リビングを年賀状と湿った服で占領中。

昨日から、長女と次女が年賀状を書き始めました。やっと。

昨日は書くというより、イノシシのハンコ作りと押印で終了。

今日は昨日のイノシシを切り取り、飛び出すカードにイノシシを貼り、メッセージなどを書きます。

そして、乾ききらない服が床暖の上に置かれ、その隣に年賀状が並びます。

完成しつつある「飛び出すイノシシ年賀カード」は、可愛い。

少し疲れたところで、今はテレ東の「孤高のグルメ」再放送を観ています。

こんな調子で、全員分の年賀状は完成するんだろうか…

小学校も最近は個人情報管理が厳しく、住所録はありません。

そのため、帰省出発前の午前中に、各家の郵便受けに投函予定。

封筒には「1月1日に開封してね」のメッセージつきです。

 

駄菓子屋は、楽しさ優先で。

鎌倉には、娘たちが好きな駄菓子屋があります。

友だちの家から歩いていける距離で、子どもたちだけで行くので楽しいのです。

今日も半年ぶりに子ども4人が駄菓子屋へ行き、色々買ってきました。ウキウキで。

全部日本製だと思っていたら、ベトナムや中国製のお菓子もちらほら。

な、なんだこの材料は⁈ってお菓子もちらほら。 

たまの駄菓子屋なので、あまり口うるさくはなりたくない。

しかし、怪しい食べ物は口にして欲しくない。

うー…っと、こらえる。

麩菓子とか、かりんとうとか、せんべいとか。

材料がシンプルなお菓子が、ママは好きだなー。

そんなセリフは、封印。

…封印といっても、普段も言っていないけど。

ただ、家にはそんなお菓子しかない、だけ。

 

あわてんぼうのサンタ

長女「いやだよーぅ。心の準備ができていないよーぅ」

朝から大泣き。

 

明日の終業式が終わったら、午後は鎌倉へ。

一泊するので、朝サンタからもらうプレゼントで遊ぶ時間がありません。

なので気を利かせて、1日早くサンタがきた設定。

窓際に「1日早くきたよ」のメッセージカードを置き、

長女と次女の枕元にプレゼントを置き、

いつ気づくのかドキドキ。

 

明け方、長女がトイレで起きました。

気づかずまた寝ます。

朝、起きました。

気づかずリビングへ。

枕元のプレゼントに、気づかない…

その後、次女起床。

トイレに行き、やはり気づかない。

プレゼント方向に視線をむける声かけをして、初めて気づきます。

「あ!サンタ!」

長女の分も一緒に持って、リビングへ。

 

リビングで長女、パニック。

え⁈なんで⁈今日クリスマスじゃないよ!

なんでなんでなんでー⁈

しかも、たまごっちじゃなーい‼︎

 

予想外の展開に、寝室で母驚く…

ご、ごめんよ…

メッセージカードは、窓際にポツリ…

プロポーズは女性から、とかね。

パパが、ママと同じくらい育児や家事をする時代。

いつくるんだろ。

例えば、

既婚者の半数が、プロポーズは女性からって時代。

結婚指輪の半数が、女性が買ってますって時代。

女性も結婚に対するあり方を、それくらい変えていく気持ちでいないと、来ないかも。

もう、夫婦で今後の人生設計を話し合うしかない。

お金のこと、生き方のこと、やりたいこと、子どものこと。

ぜんぶ含めて、チームでむかう結束がないと、ママに全部負担がくる。

いや、パパも負担はかかっているんだろうけど、ギリギリのとこで孤独に踏ん張っているのは、ママだ。

 

女性は「産む」っていう大仕事をしてるのだから、授乳以外はパパが気張るぜって時代。

そんな時代も、楽しそうなんだけどなー。

 

私は子育て楽しすぎて、パパに任せるのは嫌ですが。

でも、パパがいなくて大変でクラクラするのは、実は短い。

真っ最中はキツイけど、記憶飛ぶ期間もあるかもだけど。

ま、その短い期間くらいパパ頑張れよ、とも思いますが。