よこで見守る子育て

二児(小1、小3)の母です。どんぐり式の子育てで、こどものペースを大切にしています。

次女、少年時代を歌う

娘たちの小学校。

今月の歌は、井上陽水さんの少年時代です。

 

次女と二人でスーパーからの帰り道、少年時代を歌っていました。

自宅まであと10メートルのところで、前方から20歳くらいの女の子が歩いてきます。

玄関に到着し、鍵を鍵穴にさします。

次女、まだ歌っています。

後ろから、合唱団風の少年時代が聴こえます。

私、振り返ります。

ハタチ女子、こちらを見て少年時代を熱唱しています。

私、かまたります。

ハタチ女子、こちらを見て歌い続けます。

私、かたまります。

ハタチ女子、こちらを見て歌い続けます。

私と次女、一緒に家に入ります。

 

帰宅した夫に、そのことを話しました。

私 「あの時、私はいったいどうしたら良かったんだろう」

夫 「一緒に歌ってあげたら良かったんじゃない」

 

あまりに予想外の出来事で、ビビって家に入ってしまった。

一緒に歌ったら、何か面白いことになっていたんだろうか…