よこで見守る子育て

二児(小2、小4)の母です。どんぐり倶楽部を指針とする子育てで、こどものペースを大切にしています。

諭し加減は毎回悩みます

夕飯は、はま寿司。

私は博多ラーメンを注文します。

娘たちは寿司やらポテトやら、好きなのを食べます。

昔は  はまっこカード  というお得カードがあって、子どもは無料でアイスやポテトをもらえます。

2年前くらいに廃止したのかな。

その頃のお会計は、1500円程度。 

今ではその倍以上を支払います。

よく食べるようになりました。

ラーメンを食べていると、長女の手がラーメンの中にポチャリ。

よそ見しながらポテトを取るものだから、隣の私のラーメンの中にポチャリ。

おいおい。よそ見するにもほどがある。

こんなときの、諭しテンションには困ります。

ビシッと言うべきか否か。

「火傷したらどうするのー⁈食べるときは、食べ物をちゃんと見る!プンプン。」

長女がしょぼくれない程度に、しかし行儀の悪いことはやめておくれと伝わる程度に、というテンションに落ち着きました。

回転寿司。

ついつい目線がそちらに行くのも分かるけどね。