よこで見守る子育て

二児(小2、小4)の母です。どんぐり倶楽部を指針とする子育てで、こどものペースを大切にしています。

高校はまだ先だけど。

たまたま手に取り読んだ本。

本気の教育改革論 寺脇研と論客14人が語るこれからの教育 寺脇研

小学校から高校までの教育について、文科省出身の寺脇さんと教育に携わる人達が、一対一で話した内容が掲載されています。

文科省が掲げる教育目標と、教育現場や世論とのズレについても書かれていました。

やはり、読み書き計算の時代は終わっています。

なのに未だに小学校の宿題はソレ。

そして偏差値教育の問題。高校の教育が一番問題だとも書いてありました。

 

ドングリを家庭でしている人は、今の教育に疑問や危機感を感じて、何か良い学習方法はないのかと探しに探して、やっと見つけ出す。そんな人が多いと思います。私が出会ったドングリ仲間は、ほぼそんな感じ。

たまに、糸山先生の書籍を本屋で偶然見かけてって人もいますが。

この本を読み、その疑問・危機感は間違っていなかったなと感じます。