よこで見守る子育て

二児(小3、小5)の母です。どんぐり倶楽部を指針とする子育てで、こどものペースを大切にしています。

家庭での性教育。我が家のタイミングは昨夜でした。

昨夜20時40分。PTA会議の議事録をドォリャーッて勢いで入力中。

長女「ママ、セックスってなに?」

背後から突然、ど直球の質問。

私「誰か話してた?」

長女「うん、〇〇ちゃんたちが話してたー。」

かねてから、質問されたらきちんと話そうと決めていました。とくに練習とか、していなかったけど。

しかし、もう寝てほしい時間。

い、いまですか…⁈な状況。

でもまぁ仕方ない。するか!

どんな説明をどこまでしたのかは、後日書き留めることにしますが。ちゃんと説明しました。

長女ちゃん、「えー⁈」と目を丸くすること数回。

でも最後に、

長女「じゃあ、まとめると。愛し合う男女がお互いに、この人との子どもが欲しいと思ったときに、新しい命をつくる大切な行為ってことだね!」

と、スッキリした感じで言っていました。

うんうん。ちゃんと伝わってる!

 さて。次女ちゃんは、話の間どこにいたか。

当然、一緒にいました。

小2女子が同席する中で話すことには、抵抗がありました。でも意外と、それはそれで良かった。

大切な命の話。長女がまとめた一言を、大人が丁寧に愛情をもって伝えたら良いんだなー。

そして長女と次女は、私たち夫婦の大切な命であること。それもちゃんと伝わった気がします。

 

子育て中にこえるハードル1個。

ピョンと飛び越えた気分。