よこで見守る子育て

二児(小3、小5)の母です。どんぐり倶楽部を指針とする子育てで、こどものペースを大切にしています。

健全な登校拒否の準備

過去のブログが目に留まり、読んだ。

次女の周りの、優しい男子について書いてあった。

そうそう、みんな優しいんだよね。

次女の周りにはステキな友達が沢山いるのに、なんで登校拒否の心構えをしなくちゃいけないんだろう。

「先生、どうか子ども達を怒らないでください」と思うけど、その先生を信頼している保護者も沢山いるから、うちの次女のために変わってください、なんて言えない。

うちの娘達を知る会社の上司からは、2人とも感受性が高くて賢いから、学校が辛いこともあるんだろうと言われた。小学校なんて無理して行かなくて良いんだとも。

その言葉には大いに共感するのだけど、友達と過ごす時間が減ってしまうことが気がかりで。

月曜の朝一でスクールカウンセラー面談を予約したので、相談する予定。